海外旅行に行ったら気をつけないといけない習慣〜アラブ圏〜

こんにちは。みなさんは海外に旅行やお仕事に行かれたときに、この国は日本の習慣とは少し違うなと感じたことはありますか?私は始めてアフリカ大陸のモロッコに旅行をしたのですが、日本や他の英語圏、ヨーロッパの国ととても違う文化だな、習慣だなと気付いたことが沢山ありました。なので、今日はアラブ圏に旅行したときに気をつけておかないといけない習慣について英語のフレーズと一緒に紹介したいと思います!

DSCN0124

It is very rare that women wear clothing that shows off their skin.

女の人が肌を見せるような服装を着るのは極めて稀だ。

 

アラブ圏では女の人が肌を見せるのは好ましいと思われていません。そのため、街を歩いていると女の人は長いドレスに、長袖、またヘッドスカーフをしている人が多いのです。しかし、モロッコでは女の人でも半袖、またジーンズをはいたり、カラフルなヘッドスカーフを身につけている人も大勢いました。その国によっても厳しさが違うみたいです。

 

If you are a women traveling, be prepared to be stared at when you wear clothes that shows your skin.

旅をする女性の方で肌を見せるような服装を身につけている場合はじろじろ見られる覚悟をしておいてください。

 

先ほど言ったように肌を見せる習慣がないため、タンクトップを着てモロッコに行ったアメリカ人の友達は、特に男の人達から多くの視線を浴びていました。また女性が夜、道路を歩き回るのも稀みたいで、女の子の友達と夜の道を歩いていたら、通りすがりの男の人達にじろじろ見られたり、声をかけられたりしました。夜の道は、特に女性の方は注意しましょう!

 

DSCN0278

 

Arabian countries do not eat pork due to their religion.

アラブ圏の人達は宗教上の理由で豚を食べない。

 

お店にご飯を食べに行ったときに気付いたことがあります。モロッコではタジン鍋がソウルフードのため、多く種類があったのですが、唯一、豚系のタジン鍋がなかったのです。お店の人に聞いてみるとイスラム教は豚を食べてはいけないため、レストランには置かないのだと言われました。

 

There are prayer times, which consists of 5 times a day.

お祈りの時間が1日5回ある。

 

イスラム教の人は1日5回、ヨルダンのメッカの方面にアッラーの神様に対してお祈りをします。ホテルの中にもお祈りをするスペースがあり、街を歩いていてもお祈りの時間を示すサイレンが鳴ります。またラマダンの季節になるとイスラム教の人は1ヶ月断食をしているそうです。

 

今回の【海外旅行に行ったら気をつけないといけない習慣〜アラブ圏〜】はいかがでしたか?習慣と文化、また宗教が違うと比較して比べるのがおもしろいですよね!